香草カラー・ハーブカラー

どうも、furuです。

 

香草カラー・ハーブカラーについて

*個人見解です

 

香草カラーは基本

水と混ぜて作るカラー剤で

髪の毛を明るくする事は出来ません。

その分、

髪に対してダメージがない事が一番のメリットだと思います。

 

デメリットは

選べる色味が少ないのと

髪を明るくする事が出来ないので

暗めの色味しか出来ない所です。

ジアミンが入っている事が多いので

香草カラーでもアレルギーのある方は避けた方がいいです。

カラーチェンジも難しくなります。

 

明るくしたい場合は

一度普通のカラーでベースを明るくしてから

(ダブルカラー)

香草カラーをする流れになると思います。

 

ちなみに当店では

香草カラーは扱っていません。

 

白髪染めのお客様の要望として

少し明るめのカラーを希望される事が多いので

通常のカラーの方が色味の種類も多く

ワンメイクで希望の明るさまで作れるので

香草カラーではなく普通のカラーを使用してます。

 

ダメージに関して気になると思いますが

当店では基本リタッチカラーがメインで

毎回根元しかカラーしない為

毛先に対してダメージがなく

キンキンになる事もなく

色持ちもほぼないので特にダメージを気にする事も

ないと感じています。

 

毎回全体を染めると

少しずつ髪のメラニン色素が削られて

明るくなっていきますし、ダメージします。

(全体染めたい方は全然染めます)

 

頭皮のダメージに関しては

髪に合わせて

薬剤のパワーを抑える調合であったり

頭皮に対してべた塗りではなく

付けない様に、または薄付きくらいで塗っていきます。

アフター処理がとても大事だと考えてますので

薬剤の中和と除去の徹底しております。

 

香草カラーだから安心、

カラーだからダメージが心配などあると思いますが

お店によって扱っててる商材が違いますし

考えかたも違います。

基本の特徴を知って、

美容室の選択して貰えばいいかと思います。

 

では。

コメントを残す